種田石油店ロゴ

トラックイメージ

CASE 1
運送車両コスト削減事例

POINT

  • ・オイル交換の頻度が1/2に
  • ・整備士のメンテナンス負担を大幅削減
  • ・車両トラブルが減少

オイルコンサルティング前の状態

  • ・月間平均走行距離 10,000Km
  • ・1台あたり月間平均燃料使用量 4,000L
  • ・従来オイル交換距離 25,000Km(エレメントも同時交換)
・業種 運送会社A
・車輌保有台数 30台(グループ会社50台、計80台)
・車輌サイズ 10トン超積載
・所在地 愛知県

STEP 1 お客様の悩みをヒアリング

  • ・燃料代があまりにも変動するため、高騰した時を見据え少しでも燃費改善がしたい
  • ・環境規制の絡みで装着されるようになった、DPF、EGR等のトラブルが頻発し、配車繰りが苦しい局面がある。
  • DPFの強制再生の頻度が徐々に増え、街中など強制再生出来ない環境下の際に困る。
  • ・車両トラブルにより、修繕費が圧迫される。
  • ・整備士が3名しかおらず、少しでも負担を減らしてあげたい

STEP 2 種田石油店のコンサルティング提案、実行

  • ・オイル交換距離を25,000Kmから50,000Kmまで延長し、整備回数の低減させる。
  • ・DPF、EGRが詰まるメカニズムをご説明し、車両トラブルに繋がる原因を低減させる。
  • ・オイル自体の抵抗が小さいものを選定し、燃費の改善を図る。
  • ・昭和シェルのQLA分析を用いて、オイルの最適な交換サイクルを設定
     さらにエンジン部品の異常摩耗等のトラブルを防ぐ

STEP 3 結 果

・「オイル交換距離」を50,000Kmまで延ばすことに成功

  • オイル経費が減少
  • メンテナンス回数が減り
    整備士の負担軽減

・EGR、DPFの詰まりの原因になる残留炭素分を抑えることに成功

  • 車両トラブルが減少
  • メンテナンス費が軽減

似たようなお悩みをお持ちでしたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

他の事例を見る